とれたて新鮮な魚料理と健康について

私は釣りを良くするため、とれたての新鮮な魚料理を食べる機会が多い。

その機会の中でDHAについて考えたことがあり、調べてみた。

DHAの性能は様々だか、代表的な例としては血液の流れがサラサラになることや、脂肪がつくのを抑えるということだろう。

DHAの多い魚は脂肪が多い魚であり、新鮮な魚を食べている私はとても健康的な生活をしているものと考えていた。

しかし、有る食べ物に意外な程DHAが含まれているということが調べていくうちにわかっていった。それは鯖缶である。

鯖缶の利用方法は多岐にわたるが、鯖缶を食べるだけでDHAを取れてしまうのだ。

魚料理が主題なため一つ紹介すると、ご飯の上に鯖缶、マヨネーズ、ごま油、のりをかけて混ぜるだけで即席の鯖料理が食べれる。

これは私がよく食べる料理で、実際に美味しいためぜひ試していただきたい。

だが、毎日鯖缶というのはきついだろう。ここで登場するのがDHAサプリメントだ。錠剤のものが多く、簡単に摂取できるため重宝している。

地域のお料理教室で教えてもらったひと工夫した魚料理

私は先日、地域のお料理教室へ出かけました。

元々は防災活動の一環で水を使わずに調理をするというのがテーマだったのですがその中でサバの缶詰を用いたレシピが披露されました。

サバの缶詰に含まれているDHAを手軽に摂取できてしかも美味しく頂く事ができました。

では、このサバの缶詰を使ったレシピについてご紹介します。

サバ缶バーグの作り方

  • 材料
    サバの缶詰1缶
    玉ねぎ1/2
    高野豆腐適量
    玉子1個
    砂糖
    醤油

まずサバの缶詰を開けて身をフォークなどを使いほぐします。

玉ねぎをみじん切りにします。

高野豆腐をおろし器で細かくおろします。高野豆腐はパン粉の代わりをしてくれるのでつなぎになります。

材料の準備ができたらボウルに混ぜ合わせて玉子を加えます。

ハンバーグをこねる要領で形を作って行きます。

フライパンで両面を焼いて砂糖と醤油で味付けをして完成です。

このレシピは買い置きのサバの缶詰を使う事により非常に簡単に作れます。

また、水を使わないのでもしもの時でも作れるのが魅力の1つです。

手の込んだ魚料理を作らなくても忙しい方でもこのお料理なら魚のDHAを摂ることが出来るのでおすすめのレシピです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です