魚料理DHAの効果とは?もう一度確認してみてね!


最近魚を食べない人が増えてきています。魚の成分で重要な成分DHAは人の体にとって非常に重要な成分が含まれています。

DHAは成人病予防、子供の学力向上、老人認知症の改善など重要な成分が多く含まれており青魚、いわし・さんま・サバなどが特にDHAが多く体にいいと言われています。

DHAは血液をサラサラにする成分も含まれていて動脈硬化予防にも効果があります。毎日美味しく食べて体に大事な栄養素を摂取できるDHAはもともと日本の食文化だったのです。

いつの間にか日本人は洋食中心の食文化になりました。

肥満の原因や成人病の増加は食文化の変化により増加傾向にあります。普段の食生活から青魚を中心に取り入れてDHAを体に取り込んで健康を維持していただきたいと思います。

青魚には、脂肪が少ない良質なタンパク質やカルシウムも含まれており1日に一切れを食べるだけでも効果があり健康な生活を維持できると思います。青魚は手軽にスーパーなどで安く購入できますので、手軽にDHAを取り入れられると思います。

DHAが摂れる魚料理レシピのご紹介

健康によいことで知られるDHAをサプリで摂っている人も多いですが、魚料理で味わいながら摂ることもできます。

その場合、おししく魚を食べながら健康によいDHAも摂れるという一石二鳥の効果をもたらしてくれます。

DHAは特にさばやいわし、さんまやあじなど、青魚といわれるものに豊富に含まれます。しかし中には青魚は苦手と言う人もいるでしょう。

そんな人でも料理の仕方しだいでは、魚特有のくさみを気にすることなく食べられます。例えば揚げた魚を酢、砂糖、薄口しょうゆ、みりんを混ぜたものに漬け込んで食べる南蛮漬けはおすすめです。

カラッと揚げた魚に甘辛い風味がマッチしてとてもおいしく食べられます。

酢が魚のくさみを消してくれるので魚のにおいも気になりません。それからカレー粉をまぶして揚げて食べるのもおいしいです。

カレーは多くの人に好まれる味ということで、子供でも喜んで食べてくれます。もちろん焼き魚でも構いません。大根おろしを添えて食べるとさっぱりとして食べやすくなります。このように魚料理でもDHAを摂ることができますので、試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です