脳にも美容にも効果抜群!効果的なDHAの摂り方はこれ!

主に魚類に多く含まれているDHA。これは勉学に励む学生やダイエット中の女性、いつまでも若々しく過ごしたい高年齢世代など多くの方に必要な栄養素です。今日は身体に嬉しい栄養素DHAの多く含まれる食品と効果的な摂取の方法をお話します。

DHAが含まれる魚の上位は1位にマグロ、2位はブリ、3位はサバになります。

比較的スーパーでよく見かける種類ですよね。旬になれば脂も乗っていてとても美味しいです。食べ方のおすすめ1つ目はお刺身です。

煮たり焼いたりすると栄養素や脂の旨味が流れ出てしまうので生で食べられそうな新鮮なものに巡り合ったら、ぜひ生で食べて見てください。

2つ目は塩焼きです。DHAは身だけではなく皮や内臓にも多く含まれます。内臓は好き嫌いが別れますが、塩焼きにすれば必然的に皮も口にすることになると思いますのでおすすめです。

3つ目はお手軽に缶詰に目を向けてみましょう。元から味付きのものもありますし水煮のものもありますから

アレンジしても良いですよね。

以上3つを参考にしてDHAを毎日摂り入れられるようにしてみてくださいね。

子供たちが大好きな青魚の効果を改めて知ってにビックリ!

最近、子供たちが魚の甘酢漬けや南蛮漬けにはまっています。

元々漬け物や煮豆など渋いメニューも好んで食べる子たちではあるのですが、私自身は魚料理は白身の魚をソテーやホイル焼きなど洋風に調理したものが好きで、自分でもそういったメニューを作ることのほうが多かったので、子供たちのはまりようにちょっと驚いています。

それで、ふと甘酢漬け、南蛮漬けによく使うアジやサバって以前からなんとなく「体に良い」というイメージはあったけれど、具体的にどんな効果があるのかな?と気になって軽く調べてみました。

どうやら、アジやサバのような青魚はDHAという栄養素が豊富に含まれているから積極的に食べることが推奨されているんですね。

そしてDHAには学習機能を高めたり、コレステロールを低下させたり、なんと癌やアトピーを軽減させる効果もあるんだとか。

ふんふん、そう言われてみればDHAの名前や学習機能の向上効果は聞いたことがあるぞ!

「魚を食べると頭がよくなる〜♪」って歌にも出てくるあれですよね。

でも、癌やアトピーのような病気にまで効くとは知りませんでした!

青魚にこんな幅広い効能があったとは、なかなか侮れませんね…。

私は軽度ですがアトピー持ちなので、いいことを知りました。

子供たちのためにはもちろん、自分のためにもこれからも積極的に青魚を摂っていこうと改めて思えましたよ。

どんどん食べて健康&頭脳明晰な一家を目指します(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です