DHAたっぷりの血液がサラサラになる魚料理とは。

みなさんはそもそもDHAとはなにか知っていますか?

DHAとは、魚の脂身中に含まれる脂肪酸のひとつです。

オメガ3系の脂肪酸で、現代人が不足しやすい必須脂肪酸のひとつになっています。

私たちが健康を維持するために必要な栄養素で、特に脳や皮膚におおく含まれています。

そんなDHAを効率的に摂るためには、魚をどのように料理すればいいのでしょうか。

いちばんおすすめなのは『刺身』です。

DHAは熱に弱く、加熱すると溶けだしてしまいます。

そのため加熱しない方法が1番おすすめです。

でも、なかなか刺身を食べ続けるのも難しいと思います。

そんな方は煮込み料理や蒸し料理はいかがでしょうか。

加熱した際に溶けだしたDHAも、煮汁などを一緒に食べることで、効率的に摂取することができますよ。

また、魚の缶詰を使ったものもおすすめです。

例えばサバ缶をご飯の上に乗せただけの簡単サバ丼や、魚の缶詰をサラダに混ぜるなどの料理もおすすめです。

不足しやすいDHAをたくさん摂取し、健康を目指しましょう!

DHAが豊富な魚料理にはどんなものがあるか

イワシのつみれ汁などはご存知の方も多いのではないでしょうか。

カルシウムも一緒にたっぷりと摂れて食べやすいことからお子様にも人気です。

また、汁物はDHAを効率よく摂取するのに大変有効に作用します。

さて、ここまでお話ししてくるといろいろと疑問も浮かんだりしますよね。

ここでDHAの栄養の特徴について述べておきたいと思います。DHAとは魚の脂身の栄養分のことで、単なる脂肪ではありません。

”オメガ3”という人間の体で合成できないけれど体の代謝を維持していくにはとても大切で必要な脂肪酸といわれています。

その名も”必須脂肪酸”です。この栄養素は融点が低いので、熱に弱く高温調理などではすぐに溶けだしてしまうのです。

よくイワシのフライやアジのフライ、サバの立田揚げなどおいしい揚げ物料理がありますよね。

これなら好きというお子様や男性など多いかと思われますが、実はこれ、大切な脂肪酸が効率的に摂取できる調理方とは言えないのです。

もちろん食べないよりはましですが、せっかくなら栄養も効率よく取って、いつまでも健康で健やかな体を維持していきたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です