手軽で美味な缶詰料理でDHAを

DHAの摂取と聞くと記憶力が高まるというイメージを皆さんはお持ちではないでしょうか?

しかし様々な効能のうちの一つであることが研究の過程で解明されつつあります。その他の効能として、コレステロールや中性脂肪の低下、動脈硬化の予防、高血圧の抑制、アルツハイマー病の抑制、アトピーの改善など効能は多岐にわたっています。

ではDHAをどのような形で体内に取り入れていけばいいのか?と言っても答えを一概に言い切ることはできません。

なぜなら、摂取しようとする人の目的・好み・生活環境などで方法が異なってくるからです。手軽にサプリメントでDHAを補っている方、魚料理を食べることでDHAを取り入れようとしてる方、人それぞれです。

ちなみに私のおススメはサバの缶詰を用いた料理です。

簡単で御飯のお供にもビールのおつまみに最適です。作り方はまず缶詰を開けてサバの量より大きめの皿に入れます。

次に玉ねぎをみじん切りにして氷水にしばらく入れ苦みを取り除きます。その後玉ねぎをサバの上に置きマヨネーズをかけます。簡単な割に美味。お試しあれ

DHAを効率的に摂取するための魚料理

DHAには、コレステロールや中性脂肪を下げたり、動脈硬化の予防など生活習慣病を予防するのに効果的なものになります。DHAは、青魚にたくさん含まれており、魚油に多く含まれる脂肪酸です。

このDHAは、ただ青魚を食べたら摂取できるわけではなく、効率的な摂取方法があります。

まず、DHAは溶けやすいため、熱に弱いため、効率的に摂取するには「刺身」が一番になります。

それ以外では、「煮込み料理」や「蒸し料理」がおすすめの魚料理になります。これらの調理の仕方は、熱で溶けだしてしまった油(汁、だしなど)も一緒に飲むことでDHAを摂取することができるためおすすめになります。

また、魚の煮込み料理で「かぶと煮」というものがあります。このかぶと煮は、鯛などの魚の頭を食べる料理になり、魚の眼球に多くのDHAが含まれており効率的にDHAを摂取できます。

このように青魚も調理の仕方を間違ってしまうと、せっかくたくさん含まれているDHAも少ししか摂取することができません。

魚料理にDHA摂取にでも血圧に

近頃皆さんあまりなさらなくなった魚料理ですが、うちでは煮魚をよく作ります。結構面倒が無いのです。

切り身を買ってきて煮るだけですし、尾頭付きでも近頃はお店で内臓などは処理してくれるので、キッチンが汚れることもありません。しかもこれだけで、ご飯2杯はしっかり食べられます。何しろ煮魚は味が濃いのです。

そんなこんなで、我が家のDHA摂取量はそこそこいい感じだと思っていたのですが、別の問題が浮上しました。血圧です。

年令が年齢なのでもしかして、と思っていたのですが検診で、血圧要注意と言われてしまったのです。煮魚を良く食べると先生に言いましたら、薄味にするかもしくは当分我慢しなさいと言われてしまったのです。

まあ仕方ないので煮魚については、血圧が落ち着くまで減らすことにしました。でも他の魚料理はイマイチなので、どうせ煮魚を我慢するなら魚自体諦めるか、と思ったところでDHAをどうするかにぶち当たりました。

こう言ってはなんですが、煮魚好きなおかげでDHAもしっかりと摂取できていたので、そのせいか物覚えも自慢できていたのですが、それが駄目となると。思わず考え込んでしまいました。

まあ結果として、サプリで補うのはどうかと提案されましたので、実行することにしました。煮魚我慢の日々ですが、何とかDHAだけは死守しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です