刺身はDHA摂取最強の魚料理

多くの人にとってDHAは「魚に含まれていて、取ると頭が良くなる」くらいの印象ではないでしょうか。

DHAは摂取すればするほど有効のように思われていますが、それは間違っています。

正確には「減少すれば脳が上手く活動しなくなる」のです。

でも摂取しなくていいというわけではありません。

DHAには動脈硬化を予防する効果がありますし、近年、日本人にうつ病が増えているのは、日本人が昔に比べてDHAが豊富な魚を食べなくなってきたからとも考えられています。

ではどんな魚料理を食べると良いのでしょうか。

実はDHAを多く摂取するために、複雑な料理法は一切必要ありません。

DHAは加熱調理で20%も減少してしまうので、最も有効な魚料理は「刺身」なのです。

しかもDHAの含有量が多い魚は手に入れやすい物がほとんどです。

例えばマグロ、ブリ、サバなどの青魚がDHA含有選手権の代表格選手になります。

また、鮭もありふれた魚なのにDHAが多いです。

どれも魚料理として調理しやすいですし、刺身としても食べられます。

でも理想的な摂取量を考えると、DHAを取るのはちょっと大変です。

DHAの理想的な摂取量は1gで、マグロの刺身に換算すると、なんと9人分にもなるからです。

ですから魚料理で食べるのが難しければサプリメントを利用するのも効果的です。

ただし大量摂取で副作用が出るという報告もあるので、1日3gを越えないように摂取してください。

子供には出来るだけ魚料理を食べさせたい

子供に食べさせたい食材の上位に挙げられるのが「DHA」ですよね。

DHAは脳を活性化させてくれるので頭が良くなる、と言われます。実際に記憶力や学習能力を司る海馬という部分には、脳の他の場所に比べて多くのDHAが存在しているらしあです。

なので、DHAを食べることで記憶力が高まり、成績アップが見込めるのですね。

私も小学生の子供たちに出来るだけ魚料理を食べさせたいのですが、やはり子供というのは魚があまり好きではないんですよね。

実際に私も子供の頃は魚より断然肉料理だったので気持ちはわかるのですが…でも、成績が上がるのであれば是非子供たちには魚を食べさせたいところです。

なので、普段から色々な魚料理を作って出すようにしています。もちろん食べないときもあるのですが、たまに美味しく食べてくれるものもあって、それを見つけたら数日同じメニューが続く…なんてことも良くあります(笑)。

ちなみに子供たちが好きなメニューは、白身魚のソテーもしくはフライですね。もっと食べてくれるメニューが増えればいいのになぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です