DHAの効果と効果的に摂取できる魚料理

DHAは、魚油に多く含まれる脂肪酸であり、魚料理やサプリなどで摂取することができます。

このDHAの効果は、コレステロールや中性脂肪を下げたり、血液をサラサラにすることにより動脈硬化の予防などの生活習慣病の予防にとても効果があるといわれています。また、DHAには、学習能力・記憶力の向上や老人性認知症の予防・改善、アルツハイマーにも効果があるといわれており、人間に必用不可欠なものといってもいいくらいのものになります。

DHAを多く含む魚は、魚介類の中でも、サバ、さんま、アジ、いわし、クロマグロなど、青魚にたくさん含まれており、これらの魚料理を食べることでDHAを摂取することができます。また、魚の目玉の後ろの眼窩と呼ばれるところにDHAがたくさん含まれており、金目鯛やかんぱちなどの魚の「かぶと煮」が魚料理で効率的にDHAを摂取することができます。

また、DHAは熱に弱いため、効率的にとるためには、煮込み料理や蒸し料理などの調理方法がおすすめになります。

魚料理を食べると体にいいことがたくさん

魚は健康に良い、たくさん食べた方が良い、と誰もが知っている事だと思います。けれど、具体的になぜ健康に良いのか、どのような効果があるのかは詳しく理解しいてる人は少ないと思います。

魚に含まれる成分の中で有名なDHA(正式名称ドコサヘキサエン酸)があります。DHAは魚油に多く含まれる脂肪酸の一つです。

DHAを摂取すると体に良い事はたくさんあり、その中には中性脂肪の低下、生活習慣病の予防、コレステロールの低下、運動能力の向上などがあり女性にはうれしいダイエット効果もあります。その他アルツハイマー病発症の抑制、認知症の予防・改善、視力低下の抑制、ストレス緩和、抗アレルギー作用にも効果があります。それと有名な効果の一つに学習能力の向上、記憶力の向上があり、魚は小さいうちからたくさん食べた方が良い食べ物です。

最近は魚料理をあまり食べなくなってしまったような気がします。けれど魚に含まれるDHAには、お年寄りから子供まで全ての年齢層の人が健康になれる効果がたくさんあり、積極的に魚料理を食べましょう。

DHAをたくさん摂取するには魚料理を食べるべき?

魚、特に青魚は体にいいと言いますが、それはDHAが豊富に含まれているからです。

DHAは、コレステロールや中性脂肪を低下させ体に良いと言われています。最近は魚料理を食べることが減ってきて、肉料理が増えてきています。DHAを摂取するためには魚料理を頻繁に食べなければいけないことになってきます。

しかし、なかなか食べませんよね。また、DHAは熱を加えると減ってしまします。焼き魚や煮魚はもちろん、特に高温であげてしまうと減ってしまいます。よって、DHAをたくさん摂取するには生の刺身で食べなければなりません。

しかしそんなに量も食べられません。そんなときにはやはりDHAのサプリなどで補充するといいでしょう。

魚が苦手という方も多いと思うので、サプリならコンスタントに毎日摂取することができます。DHAは魚を昔からよく食べる日本人にとっては、身近で欠かせないものです。積極的に摂取するように心がけてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です