魚料理のDHA、EPAで健康維持を


かつて日本人にとって貴重なたんぱく源だった魚ですが、食生活の変化によって、摂取量が減少しています。

鰯やサンマや鯖などの青魚には、優れた健康成分である、DHAやEPAが含まれています。

DHA、EPAは、魚の脂肪に含まれる、体内では作ることが困難な必須脂肪酸です。必須脂肪酸にはオメガ3(青魚のDHA、EPAなど)とオメガ6(サラダ油など)があり、どちらも健康を維持する上で大切なものですが、現代人は、オメガ6を採りすぎてしまう傾向にあります。オメガ6の過剰摂取は、生活習慣病などを招きます。大事なのはバランスで、DHA、EPAを採ることで、採りすぎたオメガ6の害を中和することができます。

DHA、EPAは、コレステロールを下げ、中性脂肪を減らす、血液をさらさらにして脳梗塞などを防ぐ、海馬の栄養素になり記憶力を高める、抗炎症作用などの効果があります。

EHA、EPAを効率よくいただける魚料理は、刺身か煮魚がおすすめです。

魚料理を積極的に取り入れて、健康維持に役立てたいですね。

DHAをたっぷり摂って健康的な毎日を送ろう!

コレステロール値を正常に保つことでも注目されている『DHA』は私たちの身体には不可欠な脂肪酸です。

少しでも多く摂取したい成分ですが、残念ながら肉や野菜にはほとんど含まれておらず、魚介類から摂取するしかありません。

魚介類の中でも特に、いわしやサバ、さんま、アジなどの青魚に豊富に含まれています。では魚介類からより効果的にDHAを摂取するにはどういった料理法があるのでしょうか。

まず一番効率的な食べ方は″お刺身″で食べることです。DHAは溶けやすく熱に弱い性質があることから、お刺身で食べるのが最もよいとされています。

 

もし調理をして食すのであれば、流れ出てしまった脂肪も食べれるような″煮込み料理″や″蒸し料理″といった魚料理がおすすめです。

また″缶詰″にはたっぷりのDHAが含まれていますので、汁を捨てずにうまく料理に活用するといいでしょう。

成人の一日の摂取量の目安は1000mgとされています。

脳や神経機能を安定させる効果や動脈硬化を予防し成人病のリスクを低減させるなど、様々な効果が期待されている『DHA』。食生活を見直して、週に3日は魚料理でDHAをうまく摂取したいですね。

 

魚料理を食べると視力がアップする?

魚に含まれる栄養素と言えば、DHAやEPAなどが挙げられますね。

特にDHAと言うと頭が良くなると言われているので、成長期の子供には出来るだけ食べさせたい栄養素でもあります。

もちろん、脳に効果があるので子供だけでなく大人にとっても是非摂りたい栄養素と言えます。

大人もやはり仕事をするにあたって集中力があるとないとでは効率に大きな差が出てきますからね。

そして最近知ったのですが、DHAは視力回復効果も期待できるんだそうです。

というのも、DHAは脳だけでなく目の網膜にも多く存在しているのだそう。なので、DHAのサプリを摂取することで目が疲れにくくなったとか、視力が回復したという口コミが実際にあるのだそうです。

私はかなりの近視で裸眼視力は0.1もないので、もし少しでも視力が回復してくれるのであれば本当に助かるなと思います。

それに、毎日パソコンを使っているので目も疲れやすいですし…。

魚料理はまいにち食べるようにしていますが、サプリのほうが効率的にDHAを摂れるのであれば、検討してみようかなと最近は感じています。

DHAはどの年齢層でも摂取しておきたい栄養素です。

DHAは、青魚に特に豊富に含まれる栄養素です。

このDHAは摂取することで脳内に入って神経細胞を活性化させ、記憶力をアップさせたり学習能力を上げたりする効果が期待されています。

DHAについてはどの年齢層の人が摂取しても一定の効果がみられるということで、誰でもぜひ摂取しておきたいものです。

ただDHAに関しては、成分を豊富に含む青魚自体人によっては嫌いだという人もいたり、青魚は嫌いではなくても仕事や学業などで多忙なために魚料理を食べる機会が作れないという人もいて食生活からは簡単に摂取できないことも多いです。

しかしそのような状況でも決して諦める必要はなく、DHAを効果的に摂取したいのであればDHAのサプリメントを摂取するという方法もあります。

DHAサプリを比較して選んでください。

DHAのサプリメントに関しては錠剤タイプのもののほか、ドリンクタイプのものやグミ状のタイプのものもあるので、大人から子どもまで誰もが気軽に服用することができます。